忍者ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 2019 / 01 ≫

こんばんは、ついにグラブル隠居をきめた私です。
隠居についてはまた今度話しますが、先週末に沖縄旅行にもいってきましたので、早めに県南旅行について書いてしまおうと思います。まぁもっとも1回であげてしまえよってはn)`ν°)・;'.、

以下、旅行(とりわけ宿でのごはん)の話。
*****


夕食の献立。

前回お話したとおり、「音色香の季 合歓のはな」にお邪魔したわけですが、一泊二日で夕食朝食つきでしたので(ドリンク代別)、一日目の夕食と二日目の朝食は宿でいただきました。

ちなみに、インターネットから予約したのですが、予約の際に「伊勢海老何名分」みたいな感じでチェックをいれる場所がありまして、高級宿初心者としてはとても苦心しました。これチェックいれないとごはんないの?的な。でも朝食夕食つきって書いてあるし…?的な。

まぁでも朝食夕食つきって書いてあるんだから、別注で事前に用意が必要なものだけ予約の段階でお知らせする機能だろうなー(伊勢海老とかA5ランクの牛とか先に仕入が必要なものをお知らせする)と思い、スルーしたところ、まぁそういうシステムでした。庶民にはなじみのないシステムだ…

話は戻りますが、お食事は宿にあるレストランでいただきました(部屋食ではない)。
レストラン自体が全て個室になっていて、席についてただ待っているだけでごはんが出てくるのを待つシステム。神かよ。


小鉢(小鉢とはいってない)


うさぎしゃん……バリムシャア!!

ちなみに器になってる黄色のパプリカは食べられるそうですが、このあとも料理がでてくるので、おなかと相談しながら食べてくださいといわれました。


鱧のお吸い物


伊勢海老と鯛とかんぱち


旭蟹のてんぷら(暗くなったので加工した)


おにく

お肉の説明を受けたときに、右からシンシン、イチボ、サーロインと言われ、サーロインはよく聴くからともかく、イチボもすかいらーくの奴隷と化した私はステーキガストでよく聴くので分かりましたが、シンシンだけはパンダだなって思いました。

パンダやん絶対。


恐る恐る肉を焼く庶民の図。

セレブは石で肉を焼く文化があるようで(知らんけど)。
牛脂を石に染み込ませて、お肉を焼く…これが不思議とひっつかないので(まぁ牛脂染み込ませてるから当然なんですが)すげーなーと思いつつ(小並感)。


宮崎牛の味噌煮込みそぼろ


すいーーーーつ╰(✿´⌣`✿)╯



朝食の和食


朝食の洋食


普段の生活では、おいしいものや高級なものを少量ずついただくのではなく、一品料理を一皿いただいて満足するスタイルなので、なかなか新鮮な感じでした。
お皿の余白をいかした料理は基本的に食べる機会がないので…。

料理に関してはこんな感じです。どれもとてもおいしかったです。

チェックアウトの際は、スタッフの方や女将さん、支配人、料理長等たくさんの方に見送られて宿をあとにしました。
ビジネスホテルも好きなんですが、たまには高級ホテルや旅館もいいなと思いました。まぁその辺は旅行の予算次第ではありますが、また高級宿に泊まれたらいいなーと思います。


次はおそらく2年後になると思いますが、母が元気なうちにいろいろいけたらいいなと。家系的にいろいろと思うところがあるので。長生きしてくれたら嬉しいですが、まぁとりあえずは健康なうちに親孝行したいと思います。貯金はそのあと好きなだけやればいいしな!

拍手[0回]

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31