忍者ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 2019 / 01 ≫

こんばんは、ついにグラブル隠居をきめた私です。
隠居についてはまた今度話しますが、先週末に沖縄旅行にもいってきましたので、早めに県南旅行について書いてしまおうと思います。まぁもっとも1回であげてしまえよってはn)`ν°)・;'.、

以下、旅行(とりわけ宿でのごはん)の話。
*****


夕食の献立。

前回お話したとおり、「音色香の季 合歓のはな」にお邪魔したわけですが、一泊二日で夕食朝食つきでしたので(ドリンク代別)、一日目の夕食と二日目の朝食は宿でいただきました。

ちなみに、インターネットから予約したのですが、予約の際に「伊勢海老何名分」みたいな感じでチェックをいれる場所がありまして、高級宿初心者としてはとても苦心しました。これチェックいれないとごはんないの?的な。でも朝食夕食つきって書いてあるし…?的な。

まぁでも朝食夕食つきって書いてあるんだから、別注で事前に用意が必要なものだけ予約の段階でお知らせする機能だろうなー(伊勢海老とかA5ランクの牛とか先に仕入が必要なものをお知らせする)と思い、スルーしたところ、まぁそういうシステムでした。庶民にはなじみのないシステムだ…

話は戻りますが、お食事は宿にあるレストランでいただきました(部屋食ではない)。
レストラン自体が全て個室になっていて、席についてただ待っているだけでごはんが出てくるのを待つシステム。神かよ。


小鉢(小鉢とはいってない)


うさぎしゃん……バリムシャア!!

ちなみに器になってる黄色のパプリカは食べられるそうですが、このあとも料理がでてくるので、おなかと相談しながら食べてくださいといわれました。


鱧のお吸い物


伊勢海老と鯛とかんぱち


旭蟹のてんぷら(暗くなったので加工した)


おにく

お肉の説明を受けたときに、右からシンシン、イチボ、サーロインと言われ、サーロインはよく聴くからともかく、イチボもすかいらーくの奴隷と化した私はステーキガストでよく聴くので分かりましたが、シンシンだけはパンダだなって思いました。

パンダやん絶対。


恐る恐る肉を焼く庶民の図。

セレブは石で肉を焼く文化があるようで(知らんけど)。
牛脂を石に染み込ませて、お肉を焼く…これが不思議とひっつかないので(まぁ牛脂染み込ませてるから当然なんですが)すげーなーと思いつつ(小並感)。


宮崎牛の味噌煮込みそぼろ


すいーーーーつ╰(✿´⌣`✿)╯



朝食の和食


朝食の洋食


普段の生活では、おいしいものや高級なものを少量ずついただくのではなく、一品料理を一皿いただいて満足するスタイルなので、なかなか新鮮な感じでした。
お皿の余白をいかした料理は基本的に食べる機会がないので…。

料理に関してはこんな感じです。どれもとてもおいしかったです。

チェックアウトの際は、スタッフの方や女将さん、支配人、料理長等たくさんの方に見送られて宿をあとにしました。
ビジネスホテルも好きなんですが、たまには高級ホテルや旅館もいいなと思いました。まぁその辺は旅行の予算次第ではありますが、また高級宿に泊まれたらいいなーと思います。


次はおそらく2年後になると思いますが、母が元気なうちにいろいろいけたらいいなと。家系的にいろいろと思うところがあるので。長生きしてくれたら嬉しいですが、まぁとりあえずは健康なうちに親孝行したいと思います。貯金はそのあと好きなだけやればいいしな!

拍手[0回]

PR


こんばんは、1日ぶり358億回目の私です。何が358億回目なのかはわかりませんが。

今週末も旅行(沖縄)に行く予定なので、なるべく早めに更新しようと思いましたが、正直なところほとんどついったーで言ってしまったので、さほどいうことがないのも事実。
でもまぁ折角、高級宿に泊まったのでご紹介をば~!

以下、悲しいほどに庶民な私が綴る高級宿のレポート

*****

前回、鵜戸神宮に行ったところまでは書きましたが、鵜戸神宮で用事を済ませたのが大体14時。宿のチェックインは15時から可能だったのですが、もともと17時30分と伝えていたので、急遽宿に電話して15時にチェックインすることにしました。
行くところがもうなかったというのもありますが、何より明るいうちに後述の露天風呂に入りたかった…!!


今回の旅行ではそもそも母も姉も私も宮崎県民なので、移動は自家用車ですし、お金を使うとすればサンメッセ日南の入場料(700円)くらいであとはごはん代と何か買うならそのお金くらいだったので、宿にお金をかけることにしました。
それなりの観光地にいったとはいえ、やはり県民ですから、観光地をめぐって安いホテルに泊まるのであればあまりにも味気がないと。
あとなにより、私は宿泊するホテルが一番大事なくらい、旅行ではホテルにお金をかけるマンなので(でもビジホも好きです)、思い切って一番ks高い宿をとりました。

そして今回泊まったのは、日南市北郷にある「合歓のはな」でした。
なぜここを選んだのかというと、事務所の弁護士が以前両親と共に泊まってとてもよかったというので、奮発してみました。

HPをみれば分かりますが、全室離れで10室しかないので、1組1組の客を丁寧にもてなしている、という印象でした。
まず駐車場に入った段階でスタッフの方がでてきて誘導をしてくれるVIP待遇。ちなみに駐車場はアスファルトとかで整備されているものではなく、よくある砂利の駐車場なので、どうやって来客を知ったのかが謎。監視カメラがあったとしてもそれをずっとみていることはできないと思うので、センサーでもあるんですかね。

車から降りるとお荷物をもって、ロビーへ案内されます。
そのロビーがこちら。

おしゃんてぃーろびー

ここに通されて、自家製の紅茶とぴーかんなっつをいただきました。
庶民にはなじみのない習慣ですが、「ウェルカムドリンク」というやつです。
ちなみに庶民日本代表の私は、事前にぐーぐるせんせーにウェルカムドリンクのいただきかたを調べていきましたのでぬかりはありません。
別に作法はありません。


それからスタッフの方が部屋まで案内してくださって、説明をうけました。
今回の部屋は「花」だったのですが、キングサイズのベッドが1台とシングルが2台でしたので、一番お金を出した私がキングサイズをぶんどりました。世の中金なのです。


部屋についてるテラスと庭。


浴室と露天風呂。
両方とも入りたい放題です。


おっきいお風呂。


おしゃんてぃ洗面台


キングサイズから眺めた風景。


右に転がっても左に転がっても落ちない素敵仕様。

本当は全部かききろうと思ったのですが、あまりにも眠いので続きはまた明日。
スヤァ……(¦3[___]

拍手[0回]



こんばんは、同じサイズのキャリーケースを誤って2つ買った私です。

10月6日から10月7日にかけて宮崎の南の方へ家族旅行に行きました。
ずっと延岡に住んでいたので、北のことは分かりますが、南のことをあまり知らなかったので、まとめてまわってみました。とはいっても、串間まではいかなかったので、日南どまりでしたが。


ちなみに宮崎県。グーグルマップをちょきちょきしました。
実家は一番上の延岡、今は宮崎市にいます。
今回の旅行は宮崎市と日南市を周りました。

ちなみに前回の家族旅行は2年前のディズニーになるので、2年に1回のペースでどこかへいけたらいいなーと。

次は母が京都へ行きたいらしいので、2020年に行けたらいいですね。個人的には2020年なので東京以外ならどこでm)`ν°)・;'.!

以下、旅行の話。
*****

青島神社へむけて歩く図。

午前9時に母と姉が延岡から来て、それから私をひろって青島へ向かいました。
青島神社専用の駐車場とかは特になく、青島神社へ行く人向けに周りの商店が駐車場を営んでました。だいたい500円で、そこでお土産を何円以上買うと無料、とかそういうシステム。


鬼の洗濯板。

洗濯岩だと思ってたら洗濯板だった話。
鬼の洗濯板自体とても有名なので、前々からいってみたいと思ってたんですが、青島神社へ向かう途中で見れるのは知りませんでした。
本当にガッタガタ(波状岩というらしい)の岩が続いてるので、地味に感動します。


ただひたすらに歩く。


青島神社

写真にも写ってますが、スーツ姿の方が結構多かったです。
研修という名目の旅行なのか、普通に社員旅行なのかはよくわかりませんでしたが、10月というのにこの日は30度を超えていたので、スーツは辛そうでしたし、何より革靴で砂浜を歩くというのもなんとも…。

何はともあれ、ジャングルみたいなところの中にありました。


平(たいら)ってなんやねん。

折角なのでおみくじを引きました。どうせ引くならじゃらじゃら棒を引く奴がいいなと思って、めちゃんこ振ってたんですが、でたのは「平」。
初めて平をひいたんですが、内容を見る限り、良くも悪くもなさそう。

あとでネットで調べましたが、平は吉と凶の間で本当に吉とも凶ともつけがたいほど運気が安定している状態のよう。そしてそもそも「平」が含まれているおみくじは珍しいそうです。

とりあえず「訴訟 正しければ叶う」そうなんですが、訴訟は正しい方が勝つようにできてるからなぁ?!となりました。それにもし、正しいのに叶わなかった時は控訴する。

恋みくじもありましたが、引く前からなんか一人で恥ずかしくなって引けませんでした。


光り輝くモアイ。

青島神社のあと、日南市にあるサンメッセ日南へいきました。
サンメッセ日南にモアイ像があること自体は知ってましたが、思った以上にサンメッセ日南自体が観光地になっててびっくりしました。
ただ、山にあるので、サンメッセ日南内を移動するだけでも結構急こう配な坂と階段で、普段運動を全くしないスーパーインドアな私にはきつかったです。
一応、サンメッセ日南内を移動するカート(要普通免許)も有料でレンタルでき、半分以上の人はそれを借りていましたが、ここで私のゴールド免許を汚すわけにもいかないので歩きました。



モアイさん。

1つ1つに意味があるそうです。


鵜戸神宮

駐車場を間違えて(正確には間違えてはない)、参道を20分歩きました。


こういう構図好きだよなぁ?!

それはさておき。

運玉(5個セットで100円)


運玉に願いをこめてぽいぽい投げるんですが、割れたりバウンドしたり、はたまた海へ落ちたり…。
結局1個も入らず、自分の願いは自分でかなえようと思いました。まけいぬ。


つづきは後半で(๑´ڡ`๑)

拍手[0回]






三億年ぶりにこんにちは、私です。

オーバークックというゲームを買いました。2750円。
このゲームのすごいところは、紹介ページを読んでも何をするゲームなのかよく分からないところです。

かろうじて分かったのは、制限時間以内に料理を作る…?はて…


まぁ買ってみれば分かるだろうということで早速買ったわけですが、ささやかながら設定がありました。


ゲームの舞台はオニオン王国。そこで突如として復活したゾンビ・ブレッド…

ゾンビ・ブレッドを食い止めることは果たしてできるのか――!




って感じらしいんですが、実際のところ、王様のたまねぎがひとりでパンとたたかってます。
つまり、王自らが敵と戦っている(らしい)+客のオーダー通りの料理を作り、提供するという異色の2つの設定が融合せずにストンと入っているゲームです。これを説明しようとすると、「設定死んでね?」ってことになりかねないので、まぁ冒頭のとおり、「察しろ」みたいな紹介になるのかなと。


何はともあれ、おもしろいです。
オンラインですので、遠くのおともだちと遊ぶのもよし。野良で知らないひとと遊ぶのもよし。
チャット等はなく、その代わり限られたエモート(例えば「ハロー」「いいね!」とか)だけすることができるので、殺伐とすることはないです。

あと、オーバークックをしたあとにすぷらつんをすると、「塗って!キルするだけ!」ということに感動を覚えます。オーバークック、途中から何工程あるんだよってなりはじめるので、2工程は素晴らしい。

拍手[0回]



生きてます、私です。

拍手[0回]



▼つづきはこちら

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31